症状から検索

黒いものが見える

網膜はく離や眼底出血などの網膜硝子体の病気飛蚊症


飛蚊症とは、明るいところや、白い壁、空などを見たときに目の前で虫や糸くずのようなものが飛んでいるようにみえる場合です。

目を動かしても一緒に動いたりして消えません。
網膜裂孔や網膜はく離、眼底出血、ぶどう膜炎による硝子体混濁などの可能性があります。

これらはいずれも早期の治療が必要になりますので、飛蚊症がでてきたり増えたりした場合にはできるだけ早く眼科を受診してください。