症状から検索

VDT症候群
VDT症候群とは、パソコン、ワープロ、テレビゲームなどの端末である
VDT(Visual Display Terminal)を用いた長時間作業により、目・体・心などに影響のでる病気で、別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。
画面を集中して見続けるため、まばたきの回数が約1/4に減り、目が乾燥し、目に負担がかかります。また、長時間同じ姿勢をとり続けるので、首、肩、腕などの痛みがでてきます。
関連する項目