症状から検索

網膜はく離
網膜剥離の多くは、網膜に穴が開いてしまい(網膜裂孔)、そこに硝子体の組織が入り込んで網膜が離れてしまうものです。
網膜剥離の初期症状としてよくあるのが飛蚊症です。
また、目を閉じると端のほうに光が走る光視症も網膜剥離の初期症状として現れることがあります。
やがて剥離部位が網膜全体に広がると、視野の欠け、そして急激な視力低下、失明にいたることもあります。
飛蚊症や、視野が狭いと感じたら、すぐに眼科を受診することが大切です。
関連する項目