症状から検索

視神経炎
視神経炎は、視神経(網膜に映った物の形や色、光などの情報を脳神経細胞に伝達する神経)が障害される病気です。
視神経の炎症によるものを視神経炎、炎症性でないものを視神経症と区別します。
急激に視力が低下し、視野の真ん中の、見ようとするものが 見えにくくなる中心暗点が起こります。
関連する項目